はなまつり

4月8日はお釈迦様のお誕生日。

お釈迦さまが誕生した日で、そのお祝いをする日ですが、

 

浄願寺では4月の日曜聞法会 (第2日曜日) に合わせて花祭りを行います。

今年は4月10日に行いました。


門徒さんがお花と甘茶を用意してくださっています。

お釈迦さまが生まれたルンビニ園はたくさんの花に囲まれた場所だったそうで、

4月8日にはたくさんのお花を供えるようになり、

このことから「花祭り」と呼ばれるようになったということです。

花祭りでは、お釈迦様の像に甘茶をかけます。

これは、お釈迦さまが生まれたときに、天に9頭の龍が現れ甘い水(香湯 ソーマ・アムリタ)を吐き、

その水を使って産湯(うぶゆ・生まれて初めて浸かるお湯)にしたという伝説が由来です。

花祭りは赤ちゃんの健康を願うお祭りでもあり、

甘茶で赤ちゃんの頭をこすると元気で丈夫な子供に育つといわれているそうです。

 

毎年行っておりますので、来年の花祭りにもぜひご来寺ください。