大変な雪

8日朝から降り始めた雪が、瞬く間に積もって大雪になりました。
午前中で止むかと勝手に思っていました。
期待を裏切って午後も降り続き、瞬く間に30センチの積雪になってしまいました。
次の日は日曜聞法会です。
講師が上越から来てくださいます。迎えに行かなければいけないけど、止む気配がありません。
車のタイヤを、今年の冬は雪が降ると思ってスタッドレスに変えておいてよかった。
寺の駐車場からは下りの坂道、恐る恐る車を出し、千葉駅まで迎えに行きました。
いつもなら7時過ぎには来られるのですが、雪のために鉄道が大幅に混乱し、
10時前にやっと来られました。
私の心配で疲れましたが、講師は「辿り着けるのだろうか」ともっと心配になり、お疲れだったと思います。
次の日曜日、雪は止みましたが、積雪の状況で皆さん寺まで来れるか心配になりました。
午前中に歩くところの除雪をしました。膝近くまでの積雪なんて、私が千葉に来て以来初めてです。
たかだか20メートルの距離を2時間半かけて除雪。へとへとに成りました。
雪国の方の雪下ろしの御苦労を痛感しました。
積雪のためバスが不通の中を、5名の方が来てくださいました。
誰も来られないだろうと勝手に思って、聞法会はお休みだなと考えていた私が恥ずかしいです。