令和4年春のお彼岸法要

沈丁花の香る3月21日春分の日は

春の彼岸法要でした。

寒さがまた戻ってきたようなそんな寒い日の久しぶりの法要です。

 

沈丁花のある階段を上がると本堂の入口。

ご門徒の役員の方々と幕張りの準備です。

 

ちょうどこの両脇の沈丁花がよく香っています。

椅子の間隔をあけて、並べました。

仏飯をお供えして・・・

住職のお経から始まりました。

こうやってお集まりいただくのも本当に久しぶりのことです。

続いて、山下先生によるご法話です。

 

皆様お集まりいただきまして、ありがとうございます。

また、お手伝いくださいました、ご門徒様、いつもありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

ジョーが17歳になりました