謎の果実

7月にアップしたブログの記事で、これはなんの実?

というものがありました。

あのころはまだ小さな果実で

切ってみると実が全然なくて、驚いていましたが、

 

すくすくと育ち、

枝が実の重さでたわわになり、道路まではみ出すほどとなりましたので

少しばかり残して剪定しました。

そして切ってみたところ

やっぱり実はすくなめ?

 

ご門徒さんにうかがったところ、これは「鬼ゆず」という果実であることが判明しました!

これは「獅子(しし)ゆず」と呼ばれるカンキツです。
また、別名「おにゆず」とも呼ばれています。

見た目が獅子の顔のような形、また鬼の顔のような形からそのように呼ばれています。

ゆずの仲間ではなく、ブンタンの仲間になりますので、香りはゆずのような強い香りはありません。

観賞用として利用される場合も多く、生食用には向きませんが、

ピール、砂糖漬け、マーマレードなどに使われているそうです。

 

そして、駐車場入り口の山茶花が咲き始めました・・・

 

まだ蕾もたくさんありますので

これからが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA