百日紅が咲き始めました

長梅雨のせいか、今年はなかなか蕾が開きませんでしたが、

ようやくピンクの花が出てきました。

少しづつですが百日紅(さるすべり)が咲き始めました。

まだほんの少しですが・・・

 

お寺に上がる坂道の脇の花壇に咲く花は、

以前百合系のお花と思ってご紹介しましたが、

最近の画像で判別するアプリを使って撮影したところ、

「ハブランサスロブスタス」

という名前のヒガンバナ科の花だとわかりました!

 

ブラジルのコッパーリリー、ピンクの妖精ユリまたはピンクのレインリリーとして

一般に知られているハブランサスロブスタスは、草本の開花球根の一種。

可憐ですが毎年ひょっこり咲いてくれますね。

 

そして今年は成長が遅いような?

おにゆずも、存在感がでてきました!

実が去年より多くついてるかな?

これから益々暑くなります。

マスクもつけているのがつらい季節となりますが、

水分補給しながら乗りきっていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

8月の行事予定

次の記事

暑さがやってきました